3回でマスターするポジティブ・セラピー
発達障害児からコーチングまで応用できる簡単セラピー

解決志向セラピーを中心に、応用行動分析等を含めたポジティブ志向のセラピーを、たった3回で使えるようにする講座です。
原理は「相手の欲求・目的を最大限に尊重する」「良い面を見つけて積極的にほめる」というシンプルなもので、危険性はありません。 講座終了後、すぐに実践できます。適用も自閉症の家庭療育のような特殊なものから、通常の子育て、成人向けカウンセリング、企業でのコーチングなど、幅広い可能性を持っています。 受講後すぐに使えることを目的とする実践的な講座ですが、ご自身も「他人の長所を見つける」明るい人生観に変わっているでしょう。

講師

矢幡 洋
矢幡心理教育研究所所長 臨床心理士

矢幡 洋

京都大学心理学科卒。
精神病院相談室長、東洋大学・西武文理大学講師を経て、現在、矢幡心理教育研究所所長。
著作は約40冊に及び、TVコメンテーターとしても芸能・犯罪・政治とジャンルを問わず幅広く活躍。また、最近のバラエティ番組にも出演。臨床心理士資格ができた年に資格を取得した、この道25年のキャリアを持つ。

受付終了

講座番号/コードNo Y11551
申込締切日 2011年10月03日
定員 20名
受講料 7,500円
教材費 0円
回数 全3回
日程 10/12(月)・ 10/19(月)・10/26(月)
時間 10:30~12:00
使用テキスト プリント(レジュメ)配布あり

各回テーマおよび内容

実施日 内容
1 10/12(水) クライアントの「夢」を明確化する
ミラクル・クエスチョンを中心として、相手の「目的」を浮彫る応答法
2 10/19(水) クライアントの「進歩」を明確化する
スケーリング・クエスチョンを中心として、「進歩」を自覚させる応答法
3 10/26(水) クライアントの「長所」を明確化し、「意欲」を引き出す
クライアントが気付いていない可能性を明らかにし、やる気を引き出す応答法

ページトップ