東京まるごと見て歩き(特別篇)

江戸の生活を引き継いだ東京には、近代化された町並みの中にも土台となった江戸の姿を随所に見つけることができます。そこで江戸東京の各所を訪れ、その土地を地理と歴史の2つの観点から捉えることで、今の姿を確かめていきます。「東京十社」は明治元年、明治天皇が氷川神社を勅祭社に定め、続いて東京近郊の主要神社を准勅祭神社として定めた神社のことです。歴史ある各神社と、その周辺を合わせて散策します。

※この講座のお申込は、エクステンションセンターの電話(03-5413-8262)でのみ承ります。

講師

山田 徹
桜美林大学オープンカレッジ講師

受講申込

講座番号/コードNo Y17460
申込締切日 2018年02月23日
定員 20名
受講料 7,710円
教材費 0円
回数 全3回
日程 3/10(土)・3/17(土)・3/24(土)
使用テキスト プリント(レジュメ)配布
実施日 内容
1 3月10日 亀戸天神・富岡八幡宮とその周辺の散策(現地集合) 13:00~16:30
2 3月17日 日枝神社・氷川神社・芝大神宮・品川神社とその周辺の散策(現地集合) 10:00~16:00
3 3月24日 王子神社・白山神社・根津神社・神田神社とその周辺の散策(現地集合) 10:00~16:00

ページトップ