江戸文字・勘亭流でオリジナル団扇を作ろう!

江戸時代より、歌舞伎と共に受け継がれてきた江戸文字の一つ、歌舞伎文字勘亭流文字。その歴史を知り、文字に込められた思いを感じながら書いていきます。夕涼みや夏祭りにぴったりのMy団扇を完成させましょう。
書きたい文字(最大3文字まで)を事前に申請すれば、お手本を用意いたしますので事務局までお知らせください。

講師

川田 真壽
勘亭流書家

川田 真壽

1997年伏木壽亭師の勘亭流教室に入門、2003年中伝授与。
「文字書く人たち −カクトキ・カクオト・カクコトバ− 」(J-LAF主催)、「勘亭流文字で団扇を作ろう」(公益財団法人かすがい市民文化財団主催)、「特別講座・勘亭流文字&つまみ細工のコラボレーション」(つまみ堂主催)、「江戸文字 勘亭流に触れる」(桜美林大学アカデミー)、「TypeTalks 第26回 寄席文字 vs. 勘亭流:その場で書いてもらえば違いが分かる!」(青山ブックセンター主催)等、ワークショップに参加。その他、看板や色紙の制作等、活動を行う。伝統の火を消さぬよう、細く長く活動中。

受付終了

講座番号/コードNo Y15409
申込締切日 2015年06月10日
定員 15名
受講料 4,110円
教材費 0円
回数 全1回
日程 6/20(土)
時間 13:30~15:30 
受講対象者 歌舞伎文字に興味がある方ならどなたでも
持参いただく物 墨汁を入れるための小皿 定規 鉛筆
実施日 内容
1 6/20(土) 歌舞伎文字の歴史。
歌舞伎文字の基礎練習をした後、実際に団扇に字を書いてMy団扇を完成させる。

ページトップ