歌舞伎文字 勘亭流に触れる
歌舞伎文字を使って作品を完成させよう

江戸時代より、歌舞伎と共に受け継がれてきた江戸文字の一つ、歌舞伎文字勘亭流。 江戸文字、勘亭流に込められた"想い"を感じながら、その味わい深い魅力を楽しみましょう。 好きな文字を選んで、団扇を完成させるのが目標です。

講師

川田 真壽
勘亭流書家

歌舞伎文字

1997年伏木壽亭師の勘亭流教室に入門、2003年中伝授与。
「文字書く人たち −カクトキ・カクオト・カクコトバ− 」(J-LAF主催)、「勘亭流文字で団扇を作ろう」(公益財団法人かすがい市民文化財団主催)、「特別講座・勘亭流文字&つまみ細工のコラボレーション」(つまみ堂主催)等、ワークショップに参加。その他、看板や色紙の制作等、活動を行う。伝統の火を消さぬよう、細く長く活動中。

受付終了

講座番号/コードNo Y13413
申込締切日 2013年06月05日
定員 15名
受講料 7,500円
教材費 団扇作成キット 500円程度
回数 全3回
日程 6/15(土)・6/29(土)・7/13(土)
時間 13:00~14:30
受講対象者 歌舞伎文字に興味がある方、書いてみたい方
使用テキスト プリント配布あり
持参いただく物 小筆 文鎮(適当な重りでも可) 硯(小皿でも可) 墨汁

各回テーマおよび内容

実施日 内容
1 6/15(土) 歌舞伎文字の歴史、基本練習
歌舞伎文字の歴史、意味を知り、基本練習を行います。
2 6/29(土) 基本練習、応用練習
作品作りに向け、お手本を参考に練習を行います。
3 7/13(土) 応用練習、作品作り
好きな文字を選んで、作品を完成させます。

ページトップ