桜美林寄席
日本の伝統文化に親しむ

桜美林大学アカデミーでは、日本の伝統文化の一つである講談・落語に光をあて、皆様と一緒にその生い立ち等を探りながら、その伝統を楽しんでいきたいと考えています。 
今回(春)の出し物は、江戸時代にさかのぼり、忠臣蔵にちなんだお話の予定です。(予告なく演題を変更することがございます。)
本講座は特別講座ですので、会員にならなくても受講いただけます。 是非、お知り合いをお誘いの上、おみ足を運んでいただけますようお願い申し上げます。

講師

一龍斎 貞寿(いちりゅうさい ていじゅ)
講談協会所属 二つ目

一龍斎 貞寿

2008年10月 二つ目昇進。
現在、黒門町本牧亭、お江戸日本橋亭、お江戸上野広小路亭など講談協会定席の他、江戸東京博物館イベント「えどはく寄席」、 永谷商事主催「新扇組」「新鋭女流花便り寄席」「お江戸寄席」「しのばず寄席」、女流講談会「なでしこくらぶ」等、レギュラー出演。芸風は明るく、幅広く活躍している。

柳家 初花(やなぎや しょっぱな)
落語協会所属 二つ目

柳家 初花

師匠は柳家花緑。 
奇跡的に早稲田大学第二文学部を卒業した(本人談)、インテリ噺家として多方面で活躍中。

受付終了

講座番号/コードNo Y12412
申込締切日 2012年06月19日
定員 90名
受講料 1,000円
回数 全1回
日程 6/29(金)
時間 19:00~20:30 ※開場18:30

各回テーマおよび内容

実施日 内容
1 6/29(金) 落語:未定
講談:忠臣蔵にちなんだ講談

ページトップ