ドラマティック 和の香物語 「源氏物語」を香で読む Part Ⅱ

「源氏物語」は香の文化の物語です。香から読み解くと、千年の時空を超えて感嘆の世界に出会え、もうひとつの物語が見えてきます。「源氏物語」を入口に、ドラマティックな和の香の世界へと誘います。焚きしめる香に包まれながら語られる、古代インドから西と東へ四千年の香のドラマをご堪能ください。銀座を拠点に430年の香司「香十」代表で劇作家でもある講師ならではの知的エンターテイメント溢れる、文化サロンスタイルの講座です。
初めての方はもちろん、前回受講された方にも、更に深くまた身近に、香を楽しんでいただけることでしょう。

講師

稲坂 良弘
香司「香十」代表取締役  劇作家

稲坂 良弘

430年続く香司「香十」代表取締役で劇作家。
早稲田大学にて演劇を専攻。在学中から在籍していた「劇団文学座(研究所三期)」を出発に、脚本家の道を歩む。
テレビ、舞台に2万5千枚もの執筆を続けながら、自らも舞台に立ち演出も行う。 日本の香道が初めて世界へ実演紹介された1982年、ニューヨーク国連本部の舞台構成・演出を担当。 メディアからは「香の伝道師」と呼ばれ、昨今ではそのドラマティックな「和の香語り」はたいへんな人気を博す。

受付終了

講座番号/コードNo Y11456
申込締切日 2011年10月24日
定員 20名
受講料 10,000円
教材費 0円
回数 全4回
日程 11/2(水)・12/7(水)・1/11(水)・2/1(水)
時間 19:00~21:00
使用テキスト プリント(レジュメ)配布あり

各回テーマおよび内容

実施日 内容
1 11/2(水) 「源氏物語」前後一千年の香のドラマ
2 12/7(水) 「空蝉」を香で追う20年のドラマ
3 1/11(水) 香で描く「源氏物語」の出会いと別れのドラマ
4 2/1(水) 薫中将、匂宮「源氏物語」香る貴公子のドラマ

ページトップ