書道に親しむ
半切り作品から毎日作品完成まで

半切作品の基礎から、毎日展出品サイズ(2×6)或いは(2×8)の作品を学び、行草体の作品の完成に向けて書作品の真髄に迫ります。そして講師自ら筆を取り、受講生の前で受講生に適した手本を揮毫いたします。
(講師の予定により、日程が変更になる場合があります)

講師

高橋 静豪
桜美林大学名誉教授  毎日書道展審査員

高橋 静豪

毎日書道展役員・審査員。日本書道院副会長。
中国紹興文理大学、薩摩書道学院大学客員教授。桜美林大学中文科にて25年間、中国書道史、日本書道史、漢字、かな部門を専門に、展覧会作品の制作から創作作品の指導をする。

受付終了

講座番号/コードNo Y11451
申込締切日 2011年09月26日
定員 15名
受講料 13,800円
教材費 0円
回数 全6回
日程 10/3(月)・10/17(月)・11/7(月)・11/28(月)・12/5(月)・12/19(月)
時間 10:30~12:00
受講対象者 中学・高校時代に書道が好きだったが、改めて修得したい方。
書を専門的に表現し、作品を創作したい方

各回テーマおよび内容

実施日 内容
1 10/3(月) 半切1/2、半切作品を中心に、行草の基礎を指導
2 10/17(月) 毎日展出品の(2×6)作品の基礎を指導
3 11/7(月) 行草作品の墨量の調和の研究を中心に
4 11/28(月) (2×6) (2×8) の大きな作品の行草の流れを指導
5 12/5(月) 毎日展、日書展の出品作品完成への指導
6 12/19(月) (2×6) の漢字作品と共にかなの作品指導

ページトップ