組織におけるシニア人材活用と「産業gerontology」
~事例とグループディスカッションで考える~

今、生産人口減少・高齢社会を解決するために「働くシニア」が期待されています。しかし、モチベーション低下や年下上司とのコミュニケーションなどの課題も…。その理由は、加齢による変化です。「gerontology」=「老年学」という観点からの人材活用が必要です。
「gerontology」とは、「老い」を「生涯発達」として捕え、心理・教育・経済・医療など学際的に考えるものです。能力・体力には年齢によって伸びるもの、衰えるものがあります。これを勘案せずしてのシニア人材活用はあり得ません。
例えば、新しいことを記憶することは不得手になりますが、説明能力は伸びてゆきます。営業マンを例にすると、新商品の機能や価格を覚えることは苦手だが、既存商品の長所を相手に解りやすく説くことは得意である、という具合です。
雇用延長制度の導入で65歳定年…。如何に健康で生きがいをもった雇用環境を創るかを考えるのは、今です。
本講座では、経営者や企業の人事部の方からも信頼が厚い「60歳新入社員の伸ばし方・活かしかた」の著者が、自身のヒアリング事例を教材にグループワークで進めます。積極的なご参加をお待ちしております。

講師

崎山みゆき
株式会社自分楽代表取締役・静岡大学大学大学院客員教授・産業カウンセラー

崎山みゆき

専門分野 生涯学習,ジェロントロジー、コミュニケーション、メンタルヘルス
桜美林大学大学院国際学研究科修士・サンフランシスコ州立大学学術博士
所属 日本応用老年学会、日本経営情報学会
著書 「60歳新入社員の伸ばし方・育て方」(労働調査会)「10年後の名刺」(二見書房)その他多数
会社員時代の経験を活かし、研修講師として独立。社会人大学院生を経て2003年に起業。
シニア人材活用については2001年長寿社会開発センター、WAMなどの助成事業などを全国展開。
現在は、管理職のためにシニア人材活用の研修・コンサルテーションも手掛けている。

受付終了

講座番号/コードNo Y15503
申込締切日 2015年06月06日
定員 20名
受講料 6,160円
教材費 下記参照
回数 全2回
日程 6/10(水)・6/17(水)
時間 19:00~20:30
受講対象者 シニア人材活用に関わっている・関心をお持ちの方、「産業gerontology」に関心をお持ちの方、法人人事の方
使用テキスト名 有料教材あり、プリント(レジュメ)配布あり
■有料教材
 書籍名:「60歳新入社員の育て方・延ばし方」 変更あり
 出版社:労働調査会
 著者名:崎山みゆき
 価 格:1,620円(消費税込)
 教材の手配:講師
 ISBNコード:978-4-8639-420-5
実施日 内容
1 6/10 (水) 「産業gerontology」とシニア人材活用の現状
2 6/17(水) 組織におけるシニア人材活用のケーススタディ(グループディスカッション)

ページトップ