受講にあたって

テキスト販売

 テキストは初回より3回目の受講日まで、学内指定場所で販売を行います。受講決定時にご案内いたしますので、ご購入ください。販売日は混雑が予想されますのでお早めにお越しください。またテキストは開講が決定した段階で発注致しますので、初回の授業で手に入らない場合もございます。何卒ご了承願います。また、一度購入したテキストは返品できません。

講座変更

 原則としてできません。第2回目までは、移りたい講座の定員に余裕があり、担当教員の承諾を得た場合に限り、変更を認めることがあります。その際、購入いただいたテキスト等は、返品できませんのでご注意ください。第3回目以降、講座の変更はできません。

休講

 講師の病気・事故、交通機関の悪天候や事故などによる運休、ストライキ、天変地異などによって講義が休講になることや、講師が変更になることがあります。休講の場合は原則として補講を行います。補講の日程は休講決定後にお知らせします。

欠席・遅刻連絡

 特に講師が指定した場合を除き、不要です。

受講証

 受講証は常に携帯してください。
 受講証は他人に貸与、譲渡することはできません。

※緊急時(悪天候など)における講座の取り扱い
  1. 災害(地震、台風、大雪等)による場合 
    【語学・文化教養・健康心理講座】
    午前6:30の時点でJR横浜線の全線、または一部区間が不通になっている場合、または、小田急線、京王相模原線の全線が不通になっている場合は、午前開始の講座は休講とします。
    また午前10:30の時点で上記の状態が発生または継続している場合は、午後開始の講座は休講とします。

    【市民講座・資格講座】
    午前6:00の時点で、東京地方・多摩南部(町田市・多摩市・八王子市・稲城市)に大雨、暴風、暴風雪、大雪の「特別警報」、または「警報」が発表されている場合、午前開始の講座は休講となる場合があります。
    また午前10:00の時点で上記の状態が継続または発生している場合は、午後開始の講座は休講となる場合があります。(※桜美林大学の基準に準じますので、大学のホームページにてご確認ください)
  2. 地震
     東京都もしくは神奈川県を中心とした震度6弱(烈震)以上の地震が発生した場合、地震発生以降、自動的に休講とします。また、大規模地震災害特別措置法に基づく「警戒宣言」が発令された場合、発令以降、自動的に休講とします。なお、講座再開の期日は、ホームページに記載します。
  3. その他
     感染症の流行の恐れ等の事態が発生した場合、その他休講の措置が必要と大学が判断した場合は、ホームページで告知します。

上記の基準をもって休講のお知らせとし、当センターよりの緊急連絡はいたしません。ご不明の場合はお問い合わせください。

ページトップ