10月12日(木)午後 バッハの生涯と音楽

桜美林大学芸術文化学群音楽専修では、総合大学としての特色を生かした、一人ひとりに最も相応しい音楽教育の実現を目指しています。この講義を通じて、桜美林大学の特色ある学びをご紹介いたします。
ヨハン・セバスティアン・バッハは、学校の音楽の授業では「音楽の父」などといわれます。その名は大変有名ですが、どのような時代背景の中、どのような生涯を送り、そしてどのような音楽を遺してくれたか、その全体像は意外に知られていません。
この講座では、実は大変親しみやすい、人間的なバッハ像を、肖像画や残された記録からご紹介し、没後250年を超えても「父」と慕われるバッハの名曲を鑑賞したいと思います。

講師

横山 正子
桜美林大学教授

受講申込

講座番号/コードNo 50002

ページトップ