スケール表とは

レベルとレベルの隙間を埋める豊富なコース設計

 私たちの基準として考えるスケール表というものは、下記の6つのレベルを教育の柱として考えております。 

      ☆:初心者、入門者程度
      ★:初級程度
      ★★:初中級程度
      ★★★:中級程度
      ★★★★:中上級程度
      ★★★★★:上級あるいはマスターレベル

 また、星半分(HP上では☆で表現しています)というのは5つの★レベルの間を埋める何とも微妙に動くところをカバーするためのコースとして考えました。各言語のカリキュラムはこのレベルに合わせて設計しており、言語によってレベルをより細分化しなければならないものについては、適宜に☆を挟んだクラスを設け、対応をしております。また春期を★★から始め、秋期に★★☆クラスを受講していただき、次年度では★★★から始められるように、など設計しております。

 これから受講してみたいと思われている皆様には、レベルの内容を見ながら、ご自身で年間あるいは、2年、3年計画といった具合で、クラスの受講計画をお考えいただければと思います。星ひとつずつステップアップし2年間でひとつの言語を習得する方法や、星半分ずつ進めていくことで、ゆっくりと、また確実に習得していく方法、またはあるレベルに留まって苦手な部分をじっくりと繰り返し習得していく方法、といったように色々な方法で学習していくことができます。この本学オープンカレッジ独自の豊富なプログラムを是非、皆様の目標やニーズに合わせてご利用ください。

ページトップ